今日から始める紫外線対策

まっ黒に日焼けした肌は健康的、なんてもはや昔の考え。きちんと紫外線対策をほどこさないと、加齢につれて悲惨な結果に…

サイトトップ > どうして紫外線対策が必要なのでしょう?

スポンサードリンク

今日から始める紫外線対策

どうして紫外線対策が必要なのでしょう?


昔の子どもは夏になると小麦色に日焼けして、いかにも健康のシンボルみたいなイメージがありました。けれど紫外線=UVの影響が明らかになった今日では、いかにして赤ちゃん、子ども、そして自分自身を紫外線から守り、日焼けさせないかを考えなければなりません。


紫外線は「シミ・シワ」の原因になるだけではなく、紫外線アレルギー(湿疹)、皮膚ガン、白内障の発症率を高め、皮膚の免疫力を低下させて感染症になりやすくなる、とても危険な存在。


ですが日本ではいまだに「シミ・シワ」の原因になるという“美容の観点”から論じられることが多く、アメリカやオーストラリアなど紫外線がもつ悪影響、有害性を早くから認識し、赤ちゃんや子どものころからUVケアを徹底している国々に比べて紫外線に対する意識、対策が遅れているのが現状です。


また日本でUVケアといえば大人になってから始めるものだと思われていますが、実際はいかにして若いうち、子どもや赤ちゃんのときからUVケアを行うかが、大人になってからの美容・健康に大きくかかわってくるのです。紫外線を浴びることによって、どんな悪影響や悪しき副産物がうまれるのかを具体的に検証していきましょう。


今日から始める紫外線対策

MENU



スポンサードリンク